Blanc-neige

Blanc-neige

http://emirunrun.blog32.fc2.com/

いいお薬をくださいな 楽しい夢が見れるやつ

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*ねこカフェ

2013/02/06*Wed*

久しぶりのおでかけで、埼玉の大宮へ行きました。
大宮と言えば、埼玉で唯一の猫カフェがあるところです。
唯一じゃないか。
今は川越に2号店ができているようです。


大宮駅東口側の、ロフトを通り抜けた裏の、
ブックオフと、美容院がたくさんある通りにある猫家さん。
入り口が少しわかりにくいけど、
看板が出ている辺りの、
ビルの隙間みたいな所に入ると奥にエレベーターがあります。


靴と荷物をロッカーに預けて、
手を洗って、消毒してから、
時間制なので、店員さんに打刻してもらって入室します。

猫さん向けに、店内はかなり暖かくしてあるので、
コート一枚脱ぐくらいでは暑いかもしれないです。
薄いTシャツにセーター重ね着して行って、
セーター脱ぐくらいでちょうどいいかも。



そんなことより猫さんたちの写真。


京介くん。丸顔たれ耳のスコティッシュ。


美宇ちゃん。寝てるとわかりにくいけど、
立ち姿や座った姿は、絵に描いたような黒猫さん。


歌丸くん。シッポがくるんとなったボブテイル。
ずっと白目むいて寝てました。


にくきゅう!!


官九郎くん。立ち耳だけど丸顔のスコ。
アゴヒゲがダンディ。


小鉄くん。手足の短いマンチカン。
前足がたまらない。
この子は触られるのが苦手みたいです。


金太郎くん。こちらも手足が短いマンチカン。
キュートキュート


佐助くん。かっこいい顔してみても、
スコティッシュだから童顔でかわいい。


銀次くん。この体勢だとわからないけど、マンチカン。


昇くん。個性的なお顔立ちのエキゾチック。
うえーん!かわいすぎる!
だいすき!!





そして!
先日入店したばかりの新人さんもいましたよ。
まだケージに入っていて、
フロアに出て遊べるのは短時間です。


仔猫の菊一文字くん。
ノルウェージャンなので、だいぶ大きくなる予定。


でも、まだまだ小さくて、後姿なんて毛玉そのもの。


先輩猫さんたちも、まだ警戒してるみたいでした。


15分だけ、フロアに出してもらえました。
好奇心旺盛で、たくさん遊んでくれます。
お客さんがみんな集まって注目、
一挙手一投足に歓声があがっていました。

大きくなってね~。


スポンサーサイト

- おでかけ - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*十日市

2012/12/16*Sun*

書くことがたまって来ました。。

ちょっと前のお話。





11月になると、ニュースなどで見て、
「今日酉の市やってたのか、行きたかったな。来年は行こう。」
と、思うんですが、1年たつと忘れていて、
毎年、「来年こそは行こう。」と決意し続けていました。


でも今年は開催前に思い出せたので、
今年こそほんとうに行くぞー!と、いろいろ調べたところ、
都内では11月の酉の日に開催されるけど、
埼玉では12月で、酉の日に関係なく、
地域ごとに毎年決まった日にちに開催される、ということでした。

うちから行きやすくて大きめのところだと、
大宮の氷川神社。
こちらは12月10日の開催で、
十日市という名前がついています。




浅草や新宿など都内のほうが規模も大きく盛り上がるのでしょうが、
なにせ遠いし、あまり混雑しすぎるのもいやなので、
大宮の十日市に行ってみることにしました。




駅から参道へ向かう商店街から既に屋台が出ていて、
また商店街のお店もテントを出していたりして、
平日の昼間だのにかなり活気づいています。

それでもやはり、明るいうちはまだお客さんが少ないらしく、
屋台ではタイムサービスと称して、
値引きや個数のオマケなどをしている所もたくさんあって、お得でしたよ。


お祭り屋台と言えば、たこ焼き、お好み焼き、じゃがバターにからあげ等、
昔から変わらないものが多いですが、
気をつけて見ると、
去年はそうでもなかったのに、今年はこの屋台が多いなーとか、
どこのチョコバナナにもコアラのマーチが付いてるなーとか、
それなりに流行もあるみたいですね。
今年はお好み焼きや大阪焼きにベーコンを入れるのが流行のようでした。





酉の市や、初詣なんかになると、
こういう大きな屋台が出て、
奥のテーブルでおでんやモツ煮やお酒なんかが頂けるんですよね。
昼間から呑んでる人たちも結構いて、楽しそうでした。

同行者がお酒が呑めない人だったので、入りませんでしたが。

お店の入り口には豆炭が燃えていて、とってもあったかかったです。
浅い入れ物に豆炭を直に山盛りにして燃やしてて、
でも「子供がさわってヤケドしたらどうするんですか!!」みたいなのも無くて、
呑んでるおじさんが見知らぬ若い人にしゃべりかけたり、
若い人たちもそれにニコニコ応えたり、
火にあたりながら、ここは良い時代だなーなんてぼんやり考えたりしました。




たこ焼き、クレープ、大判焼き、みたいな普通の屋台はもちろんあるけど、
町の夏祭りなどとは趣の違う屋台もたくさんあります。


飴細工やさん。
熱した飴を柔らかいうちにキュキュっと形にして、
はさみでチョイチョイ切って伸ばして、
あっというまに動物の形にしてくれます。

お客さんと楽しそうに話しながら、
いとも簡単に作り上げてしまうその手際の良さに、思わずため息。
小さな屋台に大きなひとだかりが出来ていました。
職人芸だなー。



職人芸と言えば、こちらも。
口上を唱えながら、テンポ良くボウルに材料を並べていき、
チャキチャキときれいに混ぜあわせて、
七味唐辛子を作ってくれます。
辛さも好みに合わせて調節してくれるんですね。



そしてなぜかたくさん売られていた、柿。
ミカンでもリンゴでもなく、柿。
ツヤツヤして大きく立派な柿でした。



乾物や珍味も。
おお、スルメだ。
他には生わかめや昆布、川えびに雑魚、佃煮やさんも多くて、
年末っぽさ満点でした。




屋台は色々ありますが、酉の市といえばやっぱり熊手ですね。
豪華な飾りにかわいい飾り、華やかだったり厳かだったり、
ほんとうに一つ一つ違うんですね。
お店の人に聞けば、この飾りはこういう意味で、とか丁寧に教えてくれます。

値札はついておらず、お店の人との駆け引きを楽しむのも醍醐味だそうです。
「買った(勝った)」「まけた(負けた)」と折り合いがついたら、
掛け声と三本締めで景気づけてくれます。

わたしは買ってなくて、見てただけですけど。。。

30cmくらいの小さなもので千円と言っているのが聞こえましたが。
一番大きいのは何十万円とかでしょうか??



小さいものから買いはじめて、年々大きいものに買い換えて行くそうです。
同じお店で買うんだそうですよ。
どうりで、どのお店でも屋号が大きく掲げられていました。





11月からずっとやってるクリスマスのせいでなかなか実感がわかないけど、
もう年末なんですね。
こういう、いかにも歳末らしいソワソワするような空気って大好きです。
クリスマスがもっと早く終わって、この雰囲気が長く楽しめたらいいのになー。


- おでかけ - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*まかいの牧場

2012/10/10*Wed*

5年ほど勤めた職場で大きな環境の変化があり、
こういう状況になりますが、残りますか?辞めますか?となったので、
じゃあ辞めますね^^
つって無職になりました。

今年の夏の繁忙期は例年よりも大変だったし、
癒されたい、ということで、同時に辞めた同期たちと、
バスツアーを利用して牧場へ行って来ました。

静岡の朝霧高原にある「まかいの牧場」です。



駐車場のコーンが牛柄でかわいくて、そこで既にテンション上がりました。





ランチはジンギスカン。
ポークが主でしたが。。。ラムも少し。

連休中日で、道がとても混んでいたので到着が少し遅れ、
ランチが14時になってしまい、お腹ペコペコで挑みましたが、
かなりの量があって満腹になりました。





ランチのあとは少ない自由時間で動物たちとたわむれて回ります!

ポニー。

動物園と違って、ほぼ全ての動物に自由にさわったり、
エサをやったり出来るところが良いですね。





ヤギ。

この子らはリードがつけられていて、
300円で20分(平日は30分?)のお散歩ができます。

これが大人気らしく、
園内にはたくさんのお散歩ヤギが歩いていました。
うんちもいっぱい落ちてました。





白馬の王子様!

あ、王子様いない。

このサイズの馬にもさわれて、エサをあげることもできます。
乗馬体験もあります。

この馬にもくらがついていました。





羊!

白や茶色や、顔の黒いのや、
たくさんの羊がのんびり草をはんでいます。

モコモコのウールがさわり放題。






このように小高くなった丘に羊が放牧されています。

うんちがコロコロ落ちていて、
小さい子供が興味しんしんで拾い上げて、
親が悲鳴を上げる場面が多く見られました。





途中で集合して、バター作りを体験します。
牛乳に生クリームを足して脂肪分を高めたミルクを、
シャカシャカと5分ほど振ると脂肪分と水分が分離してバターが取り出せます。

クラッカーはあとでバターを食べるときに使います。



はい、できあがりー。
分離した水分=脱脂粉乳は飲んでしまいました。

5分と言ってもずっと振り続けるのは、結構疲れますよ。
出来上がったバターは、あの、ケーキでたまにあるバタークリームですね。
甘みも塩分も加えていないので味は違いますが。




バター作りのあとは、再度の自由時間。
ミルクの味の濃いソフトクリームが、ツアーの特典でついてきました。
ちょっと寒かったけど、ほんとにおいしかった!





そして動物たちの元へ。

ワラビー。

なんとワラビーにもさわれるんですねー。
ゴワっとしてるのかと思いきや、フワフワしていました。
犬に近いさわり心地かな。





柵の中にいたので触るのは難しかったけど、
子羊も居ました。
かわいいーかわいいーふわふわー





ハンモックの森。
夏なんかは特に、高原の涼しい木陰でゆらゆらできたら、
最高に気持ちいいだろうなあ。

時間がなかったので乗りませんでした。残念。





小動物も居ますよー。

ミニブタ。
なんとなく、やわらかい肌をしている気がしていたんですが、
実際にさわると猫のヒゲくらい硬い毛に覆われていたのでびっくりしました。

他にもモルモットやウサギも居ました。







気持ちのいい空気と、かわいい動物たちと、
おいしいご飯、おいしいミルク。
とっても癒されました。

牧場っていいですね。





このあと、富士サファリパークでナイトサファリも堪能しました。
暗いので写真は何も撮っていませんが、
特に肉食獣などは、昼間はほとんど寝ているので、
活発に歩き回る姿が見られて興奮しました。

動物っていいなぁ。すごいなぁ。






そして、帰り。
連休で道が混んでいるのに加えて、事故による渋滞で全く進まず、
予定を3時間以上オーバーしての到着で、
終電がなくなり。。。
そのままみんなでカラオケ屋さんで夜を明かしました。

またそれも思い出になりましたが。
疲れました。。。

でもバスツアーは盛りだくさんの内容でとっても楽しかったので、
また行ってみたいです。


- おでかけ - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*手数入り

2012/10/03*Wed*

10月1日、台風一過の快晴となりました。
雲ひとつない青空に、強い日差しで、
ひなたに居るとジリジリと焼けるように暑い日でした。

この日、代々木にある明治神宮で、
明治天皇百年祭&秋の大祭を奉祝して、
横綱の奉納土俵入りが行われたので、行ってきました。

土俵はないので、正確には手数入り(でずいり)と言うそうです。



10時半からの予定で、
お正月には4千人が集まるとニュースで見たので、
早めに行かないと見えないかなーと思って、
90分前の9時に到着予定でおうちを出ました。
途中で電車が止まったりしたので、実際に到着したのは75分前。

見た感じ普段の昼間の参拝客、より、やや少ない、程度しか人が居なかったので、
落ち着いて手と口を清めて、本殿にお参りしてから、
屋根のあるところのベンチで待ちました。

これと言って行列などが出来ている様子はありません。

70分前くらいから、徐々に、
ポールを置いて、ロープを張って、イスを並べて、
と会場準備がされはじめ、
それを見て日陰に居た人たちがワラワラと集まってきて、
早い者勝ちで好きな席に座っていくという感じでした。

お正月とか、9月28日の日馬富士の推挙式なんかは、
有名だったりテレビ等で事前に告知されていて、
3千人4千人と集まったようですが、
今日は大きな告知はなく、
秋の大祭に手数入りがあると知っている人と、
たまたま参拝に来ていた人だけだったので、
60分前でも席はガラガラ。

30分前にスピーカーからアナウンスがあったりして、
ようやく埋まったかなといった感じでした。



わたしは前から2番目の席がとれました。
写真のロープで仕切られたところは、関係者席。
それより向こう側は横綱のお尻しか見えない位置なので、まだ全然人がいません。

待っている間もガンガン日があたるのでとても暑かったです。
隣あった初老の男性と仲良くなって、
「色が黒くなる紫外線は夏だけだけど、シワを作る紫外線は冬でも量が変わらないから
日焼け止めは一年中塗ったほうが良い」などと教えてもらいましたw

定年退職してから、おうちでテレビばかり見ていて、
雑学をたくさん覚えた、とおっしゃっていました。



15分前くらいかな、紋付き袴姿の白鵬が本殿へ入ります。
特にアナウンスはなし。

10分前くらいに、日馬富士も同じく本殿へ入っていきました。

時間どおり、10時30分から、
参道に座っていると見えませんが、西側(本殿に向かって左)でお払いを受けて、
本殿の、一般客が参拝するより更に奥で、正式参拝をしていたようです。

このあと、親方衆はそのまま参道へ入って来られて、
東側、わたしたちの最前列に着席しました。
貴乃花親方めっさ近くに来た!!
(後姿の写真しかないので載せてません)



正式参拝が終わって、支度部屋へ戻り、
化粧まわし姿で再登場したのが10時50分ちょい過ぎ。

写真まんなかの人が東の横綱を先導する行司の第36代木村庄之助。



力士ふたりを引き連れて(名前がわからずすみません)、
東の横綱・白鵬の登場です。
一礼。

この日はほんとうに日差しが強く、
石畳も熱く焼けていたのではと思うのですが、
みなさん裸足でも動じませんね。すごい。



特にアナウンスなどもなく、静かに土俵入りが奉納されます。



\よいしょー/



\にっぽんいち/

後姿もかっこいい。






白鵬が退場したあとは、続いて、先日昇進したばかりの、
西の横綱・日馬富士。



\よいしょー/



\にっぽんいち/



迫力ありました。
最後に一礼。





客殿が支度部屋だったみたいですね。
巫女さん。朱色がかわいい。




横綱、ましてや土俵入りを、生で直接見たのは初めてでした。

特に白鵬は、2007年に横綱として初土俵を踏んでから、
5年以上もその地位を守っているので、非常に風格がありました。

体ももちろん大きいし、それ以上に気迫と言うのかオーラと言うのか、
存在そのものがとても大きく、近寄りがたく、神聖で、
同じ人間ではあるけれど、それでもまったく特別な、
「横綱という生き物」なのだなぁと、感動を覚えました。

もちろん、日馬富士の土俵入りも迫力があり、美しかったです。
西の横綱としてこれから頑張ってほしいですね。


- おでかけ - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*ベトナムフェス2012

2012/09/16*Sun*

未だ暑さの残るなか、代々木公園のイベント広場で、
ベトナムフェスティバル2012が開催されました。


15日16日で開催されていて、わたしは16日の午後イチで行きました。
原宿駅に着いたとたん、改札出口に人がものすごいごった返していて、
何かと思ったら急に雨が降り出したようでした。

折りたたみ傘しかなかったけど、とりあえず会場へ向かいました。。

けっこう強めにザッと降ったり、弱まったり、また強くなったりと、
不安定な状況が1時間くらい続きましたが、
帰ってしまうお客さんはほぼおらず、
歩道橋や木の下に身を寄せ合って雨がやむのを待ったり、
傘をさして屋台に並んだりしていました。

ノンラーを買ってかぶってる人もいましたね。

ノンラーはあの、円すいの形をした、
ベトナムの帽子というか、笠みたいなやつです。





中に入って転がしてもらうやつ。
名前はわかりません。
無料だったので子供たちがたくさん並んでました。
楽しそう。





ザーッと降ったあと、強い日差しが戻ってきて、
会場には大勢の人が居たので、それはそれは蒸し暑くて、
ドリンクや氷がよく売れてたみたいです。

マンゴーかきごおり、フエ豆かきごおり、薬膳かきごおり。
ベトナムビールにタピオカジュース。




タイ、ラオス、ベトナムは地理的に近いので、
お料理も似通っています。

生春巻きや、フォーが有名ですね。

タイ料理より辛さや甘さがマイルドで、
パクチーみたいなクセの強い香草はあまり使われず、
レモングラスが多く使われています。





わたしが頂いたのは、これもベトナムのメジャーな軽食で、
フランスパンに、ハムなどのお肉と野菜をはさんだ、
バインミーというサンドイッチのようなものです。

フランスパンと言っても皮が噛み切りにくいものではなくて、
「やや硬めのサクっとしたパン」です。

鳥のハム、ニンジン・ダイコンの甘酢着け、キュウリがはさまっていて、
チリソースとヌックマムで味付けされています。

ほぼ同じものですが、ナンプラーよりヌックマム(ニョクマム)のほうが、
発酵の度合いが低く、しょっぱくない、らしいです。

お肉はチキンだけでなく、ポークやビーフが入ったものも売ってました。
フォーもチキンやポークなど好きなお肉が選べるみたいですね。





揚げ春巻き、蒸し春巻き、海鮮のすりみをとうきびに巻きつけたもの。
蒸し春巻きがモッチモチで美味しかったです。


他にもレモングラスの風味の焼き鳥串、
ソフトシェルクラブのから揚げ、
鶏手羽先をヌックマムで味付けたもの、
バインセオ(ベトナム風のお好み焼き)、
などなど、
おいしそうなものがたくさんありました。

あと、タイ料理のお店もチラホラ。





こんなに人が~。
タイフェスやインドフェスに比べたらすいてると思ったんだけど、
全然、混んでました。

ごはん屋さんはどこも長蛇の列。
テーブルとイスが用意されたテントは常に満員。
会場の周りの石垣なども、雨で濡れた部分があったので、
限られた場所に人があふれて、
行き場がなく会場内で立ち食いしている人も大勢いました。
イベント広場と代々木公園を繋ぐ歩道橋の階段部分もだいたい埋まってます。

会場内や歩道橋の辺りは、人通りも激しいし落ち着かないので、
代々木公園のほうの芝生とか、あいてればテーブル付きのベンチもあるし、
そっちまで行ったほうが良いんじゃないかなーと思います。
(会場に流れる音楽やお祭りの雰囲気も楽しみたい、というのであれば
会場内でせせこましく食べるしかないのですがー。)

何にせよビニールシートは持っていったほうがいいですね。





雑貨やさん~♪
タイやインドの雑貨が多かったです。。。

小さなカゴにおっきなお花がついたポシェット。
めっさカワイイ!ほしい!と思ったけど、
冷静に考えたら、いつどこで使う気だババアって感じだったので、
泣く泣くあきらめました。





ベトナムの民族衣装、アオザイも売ってました。
アジア人特有のほっそりとした(言ってしまえば貧弱な)体に似合う服なので、
わたしにはとても着れません。。






ワイドパンツ。楽そうだしかわいい。
サルエルやタイパンツなども売ってました。





カゴなどの工芸品。
ノンラーもあります。
上からさがってる丸いのがジャラジャラしたやつは何だろう。
かわいい。





メラミンの食器にロータスの造花。

あ、ごはん屋さんでは「はす茶」をサービスしているところが多かったです。
メジャーな飲み物なんでしょうか。
蓮の実を食べたことがある人にはわかると思うけど、
ほっくりとした甘みのある、さっぱりしたお茶でした。





ベトナムの、と言うよりは、エスニックの食材屋さん。
ココナッツミルク、スイートチリソース、フォーの麺、ライスペーパー、
グリーンカレーの素とか、なぜか韓国冷麺も売ってありました。





ジャジャーっと降ったあとで、日差しもきつかったので、
とにかく蒸し暑くて疲れてしまい、
あまり長居せず、ぐるっと見ただけでお土産も買わずに帰ってしまいました。

朝晩は涼しくなってきたとは言え、
まだまだ日中は残暑厳しいですね。



来週は同じ会場で、ナマステインディア2012が開催されます。
これも行くよ!楽しみ!


- おでかけ - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。