Blanc-neige

Blanc-neige

http://emirunrun.blog32.fc2.com/

いいお薬をくださいな 楽しい夢が見れるやつ

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*坂道

2011/07/27*Wed*

7月も終わっちゃいますね。
7月なのはわかってたけど、もう終わるとは思わなかった。。
はやい。

アナログ放送も終わっちゃいましたね。
うちのブラウン管テレビは地デジカと共に死にました。
新しいテレビを買う予定は一応あるけど、まぁ急がないので、そのうち。




先月末の旅行記を半分書いてなかったので、書きます。
いつぶりだ。。。だめだなぁ。





ロープウェーに乗ってます!

新神戸駅のすぐ後ろに、
山があって、あれ、なんて山だ?
布引山?
そこへ行きます。

ロープウェーてけっこう怖いね!!
高いし、たまにあの、柱のところとかで揺れたりするし。
下から見てるより怖い。



山腹に見えるは布引の滝。
これもあとで見に行きます。



山頂から神戸の街と海を一望します。
ギリ晴れててよかった。
夜はもっときれいだろうなぁ。






目的地は布引ハーブ園

ロープウェーは麓と中間と山頂で3つ駅があって、
ハーブ園は中間駅から山頂駅まで続いているので、
中間駅から登りながら見ることも、
山頂駅から下りながら見ることもできるみたいです。

お食事どころやショップが山頂にあったので、
中間駅から登りながら見るほうが正しいのかな??

わたしたちは山頂から下りながら見て行きました。



いきなり食虫植物!!
これねー、中にねー、虫が入ってたよ。
こわいねー。

エリアがいくつか別れてて、
ここは熱帯植物を集めた温室でした。



これなーんだ?


答え:ターメリック


ねー!粉しか見たことなかった。
ターメリックってこんな植物なんだ。
初めて見たー!

ターメリック知らない人へ。ウコンのことです。




園内にはスパイスの勉強ができる、小さい博物館みたいのもありました。

わたし、あの、オールスパイスって、あるでしょう?
あれ、食品メーカーが使い勝手が良いようにいろんなスパイスを混ぜて、
そういう名前つけて売ってるんだと思ってた。。。
オールスパイスっていう名前のひとつの植物だったなんて!!

いやー勉強になりました。

身近なコショウだとかジンジャーだとか、
シナモン、クローブなどなど、
いろんなスパイスの香りをかいでみることもできて面白いところでした。


写真はなんだ。
ポプリと塩をちょっときれいに盛り付けてあるやつね。
(だいぶ記憶があいまいで、説明が雑。)




ハーブっていうと、見た目が地味な印象だけど、
花の咲く植物もけっこう植わってて、
なかなか華やかでしたよ。

この時はアジサイもきれいに咲きそろっていました。

このハーブはこんなことに使えます。
昔はナントカの薬に使用されていました。
とか、詳しい説明の立て札もあるので、
ハーブや植物に詳しくない人でも楽しめるようになっています。


客層は、まぁ、じいさんばあさんばっかりでしたね。
登山と植物観察だものね。

わたしはこういうところ好きだけどなー。
ばあさんなのかなー。



と、山頂から中間駅までハーブ園を見ながら下って来ました。



ではここから山道を下って、
布引の滝を見に行きます。



山道と言っても基本は舗装された道路だから、
軽装で大丈夫なんだけど、
まぁ下り坂のきついこと。



ひぃひぃ言いながら下ること、15分くらい?

水の落ちる音が聞こえてきて、
おおっ!近い!とテンションがあがったところに、


チラリ。



滝だー!





ジャーン。

て簡単に撮った小さい写真じゃ全然迫力ないけど。

この布引の滝、
日光の華厳の滝や和歌山の那智の滝と並んで、
三大神滝になってるんですってよ!

写真の雄滝は高さが43m。
もう、水が、じゃばじゃば流れ落ちてきます。
一体どこから!


水の落ちる音と、水しぶきと、
山のひんやりした土と、
日差しをさえぎってくれる木々と。

とても気持ちよい場所でした。



しかしもう少し山を下らなければ街へは帰れない!!



さらに10分くらい、
狭く険しくなった坂道を下って、
ようやく新神戸駅に戻りました。



いい汗かいたので、一休みして、
お昼ごはん。


とかやってる間に、怪しかった空模様は雨へと変わって、
ザーザー降りに。。。




この辺りは異人館がたくさん集まっているところなので、
中に入らなくても、外観見て回るだけでも面白そうだね、
とか言って行ってはみたけど、
雨、っていうか坂道!!

平面の地図だとわからなかったけど、
全体的に急な坂道!!

雪降ったら歩けなさそうな、
雨でもちょっと怖いくらいの、
高いヒールはいてきちゃってたお姉さんを大勢が心配そうに見守ってしまう、
それくらいだいぶ急な坂道ばかりで、
雨も降ってるし、とりあえず3つくらい中を見て、
2つくらい外観をちらりと見ただけで終わりにしました。。

それぞれこぢんまりした、一軒家で、
ひとつ見るのに10~15分くらいですかね。
異国文化に触れられて興味深いんだけど、
坂道にうんざりして、あんまりたくさん回れないかな。。。




なんか、神戸っていうと「オシャレな街」みたいなイメージあるけど、
この日はずっと坂道で体力も使ったので、
オシャレイメージがふっとびました。

しかし他の街や観光地にはない、独特の雰囲気はありましたね。
もう少し涼しくて晴れてるときにまた来たいと思います。

ありがとう神戸。
さよなら神戸。


スポンサーサイト

- 旅行 - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*ガラスと灯り

2011/07/10*Sun*

前記事までのあらすじ:花鳥園→中華街→日傘



午後からはミュージアム巡り!
ひゃっほうー。

巡りと言っても夕方には閉まってしまうので、
2件だけね。




まずは、三宮にあるKOBEとんぼ玉ミュージアム
美術館、というひとつの建物ではなくて、
ビルのワンフロアの小さめのミュージアムでした。

入り口すぐにガラスのアクセサリーなどの小さなショップコーナー。
カウンターでこの施設の簡単な説明を受けます。
奥にはとんぼ玉作りを体験できるコーナーがあって、
この施設のメインはここなのかなー?

展示室は小部屋が3つとこぢんまりしていて、
1つはとんぼ玉の歴史、あとの2つは色んな作家さんの作品がたくさん並んでいます。
とんぼ玉に限らず、ガラス細工がたくさん。
展示された作品の多くは、気に入ったら買うこともできるようです。



せっかくなので、とんぼ玉作りを体験。


まず、ガラスの色と、埋め込むビーズを選んだら、
あとはスタッフさんがそばについて手取り足取り教えてくれます。

バーナーでガラスの棒の先端を溶かして、



別の棒に巻きつけます。
くるくる回しながら、ビーズを埋め込んで、
さらにまわして丸めて完成。

動作は難しくないけど、
やわらかくなったガラスの扱いに少し緊張します。




完成したら1時間ほど冷ます必要があるので、
その間に展示品を見たり、一旦お外に出たりもできます。




わたしたちはこの隙に、
2つ隣の建物にある、神戸らんぷミュージアムに行きました。

こちらはとんぼ玉ミュージアムよりもだいぶ広くて、
展示内容も充実しています。

美しい造形のランプだとか、きれいな柄のランプシェードを見る、
奥様向けの展示なのかなと思ってたけど、(そういうのももちろんあったけど)
まずは木の摩擦で火をおこすところから始まったので、ちょっとびっくり。

「あかりの歴史」といった感じです。
火打石だとか、マッチだとか。
たいまつから油を燃やす行灯へ、それがろうそくになり、ガスランプになり、電気になり。


意外と、行灯の辺りが興味深かったですね。

江戸時代の行灯のあかるさを体験できるコーナーがあったけど、
まぁ、暗いです。
あの、寝るときにつけるホタル電球?あれより暗い。
本を読んだりするのはきついかなぁ。。。






と、1時間くらいは経ったので、とんぼ玉ミュージアムへとんぼ返り。
なんちゃって。

完成したとんぼ玉が、棒から外された状態で渡されます。
それをそのまま持って帰ることもできるし、
ネックレスやストラップなんかにしていくこともできます。


せっかくなので、ストラップにしまーす。


ヒモの色も選べるし、
たくさんのビーズを自分で選んで組み合わせるので、
これは、だいぶ、センスの問われる作業。。。



完成!!


下のピンクいのがわたしのです。

写真じゃよく見えないけど。
いいの。あんまりハッキリ見ないで。
気に入ってるけどね。うん。




夜ごはんは特に神戸らしいもの(ってなに?)ではなくて、
居酒屋さんで普通においしいごはんをいただきました。

大変暑くて疲れたのでホテルへ戻ってばたんきゅー。




明日は新神戸駅周辺を散策します。


- 旅行 - Permalink - Comment:2 - TOP ▲ -

*神戸花鳥園

2011/07/10*Sun*

近頃はおでかけした時しか更新しないんですが、
おでかけしたのに更新してませんでした。
まだ間に合うかな!(記憶的な意味で。)


6月の終わり、梅雨の真只中に、神戸に遊びに行きました。

直前まで、雨の予報だったので、
長い傘を持っていくべきか、折りたたみでいいか、
ということばかりに気を取られていたのに、
実際行ってみたら真夏の日差しで。
日傘など持っておらず、あわてて買い求めるなど。。。

そんな素敵な旅でした。





1日目、最初に訪れたのは、神戸花鳥園
HPがレトロです。。


施設内はどこも屋根がついており、雨でも楽しめます。
こんなふうに植物がぎっしり並べられて、
上からもハンギングされています。


駅に近い入り口すぐの広場では、
あじさいが集められていました。
見たことのない形のものや、
花鳥園オリジナルのものなど。

あじさいってこんなに種類豊富なんだなぁ。
ていうか簡単に品種改良できるものなのか。






いくつかのエリアにわかれていて、
ここはスイレンがたくさん浮かぶ池になっていました。
子供が乗れるくらい大きいアレもありましたね。
乗ったらだめみたいでしたが。

小さなお魚も泳いでいて、
エサをあげることもできました。

あと、やらなかったけど、ドクターフィッシュ体験みたいのもありました。




この辺りで、そろそろバードショウやるよーみたいな放送が流れたので、
じゃあ行って見るかーということで会場へ。
大きなインコが少ししゃべって、簡単な芸を見せてくれたり、
ミミズクやタカがお客さんの頭の上をバサバサ飛んで見せてくれたり。
なかなか迫力があって面白いショーでした。
写真はありません。(ぶれ)




※こっから鳥の写真いっぱいなので苦手な方は注意※


中庭に出ると、大きな池にたくさんの鳥たちが放されています。
ここでも人が歩くスペースには屋根がありました。


ブラックスワン。
黒鳥だけでなく白鳥もいました。
カンムリヅルとか、タンチョウもいたか?


クジャクに求愛されてしまいました。
羽広げてるのはじめて見たかも!ちょっと興奮。


あれっ、どなたの落し物でしょうか。。。
出口付近に展示されていた、いろんな鳥の卵を比較しようみたいなので見たところ、
カモのものっぽかったです。


赤い!



他にもカラフルなのや、細いのや、
大きいのや、小さいのや、
たくさんの種類の鳥が、さわれるくらい近くを歩いていました。
池のカモにエサをあげることもできますよ。





また別のエリアでは、トロピカルな鳥さんたちも。


鮮やかでかわいいインコも。


思ってたよりたくさんの種類の鳥が、
思ってたより近くで見られて、
テンションあがりました。

鳥って美しいです。
植物もいいけど。

親子連れが多いところかなと予想してたけど、
客層を見ると年配の方のほうが多いようでした。
意外ー。






お昼は中華街、南京町へ。
しかし良いお天気すぎて暑い!

狭い道にたくさんの飲食店が並んでいて、
店先で蒸し物とか売ってたりするので、
余計に暑いです。。

もっと涼しいときなら食べ歩きも楽しいんだろうけど。



涼しそうなお店でランチ!!
いろんなものがちょっとずつ食べられるお得なセット♪
坦々冷麺がメインかなー。
辛くてうまーい。
フカヒレスープもおいしかったです!

ボリュームありすぎで、ちょっと残しちゃいました。。


ほんとならこのあと中華街を散策して、
雑貨でも買うかなーと思ってたけど、
あまりにも暑く、日傘も持っていなかったので、
日傘を求めに他の商店街へ移動してしまいました。

こんなに晴れるなんて聞いてなかったよー!!!




長くなってきたので午後はまた別の記事で。


- 旅行 - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。