Blanc-neige

Blanc-neige

http://emirunrun.blog32.fc2.com/

いいお薬をくださいな 楽しい夢が見れるやつ

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*ヴェネツィア展

2011/11/25*Fri*

2ヶ所目は江戸東京博物館で開催中の、
ヴェネツィア展

江戸東京博物館だし?
どうなの?
と思いながら、ロートレック展のついでと思って足を伸ばしましたが、
これがまたすごく良い展覧会でした。

ついで、とか言ってすみませんでした!




作品数は小さなコイン20個弱も含めて158作品と、
それほど多くはないんですが、
なんと言っても大きい絵がたくさんあって、
見ごたえ充分でした。

有名画家のこの絵が見られる!というのではなくて、
絵画や装飾品などから、
当時のヴェネツィアの生活や文化を伺い知ることのできる展示になっています。


風景画には、現在の同じ場所の写真が添えられていたり、
ほとんどの作品にキャプションがついているので、
美術を鑑賞しながら、ヴェネツィアを知り親しむことができます。



最初のほうにあった、機械仕掛け天球・地球儀が素敵でした。
星座を透かし彫りにした天球儀の中に、一回り小さな地球儀が入っていて。
金属で機械仕掛けなのに、すごく繊細で。
あぁ、あんなのお部屋にほしいなぁ。



前半はそういった調度品や、服や本、コインなどがあって、

あ、ちょうど中間あたりかな、
ヴェネツィアングラスで作られた巨大なシャンデリアがあって、
どちらかというとポップな色使いなんだけど、
息を呑むほどの美しさでした。

そして、後半は絵画がメインになってきます。



大きな風景画、結婚式やお祭りの様子、
当時流行っていた服を着た人々の肖像など、
ヴェネツィアの文化を見せてくれるものが多いですね。
宗教画もあります。



東京会場のみの特別出展作が〆でした。
カルパッチョの、二人の貴婦人。
最初の写真右上の絵です。ポストカードも買いましたー。


この板絵はもともと、室内にいる高級娼婦ではないかと言われてきましたが、
ある偶然によってこの上部に繋がる絵が発見されて、
テラスで夫を待つ上流階級の女性であることがわかりました。

また、この絵の左側が、不自然に切れていることから、
左側にも続きがあると考えられています(未発見)。
女性達の視線の先に何があるのか。
わお。ミステリー!



という大変興味深い絵です。
全体の4分の1にしてもかなり大きいので、
ちっさいタンスの扉とかじゃなくて、
豪邸の広間の扉にでも使われてたんじゃないかしら??




東京会場は12月11日までです。
お急ぎ下さい!!

二人の貴婦人は出展されませんが、
このあと名古屋・仙台・愛媛・京都・広島と、1年かけて巡回していきます。

お近くで開催の際は是非。おすすめです。


スポンサーサイト

- ミュージアム - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*ロートレック展

2011/11/25*Fri*

芸術の秋ですー。



お休みの日に、見たかった展覧会をはしごしてきました。
長くなりそうなので、記事はそれぞれ分けますね。



まずは三菱一号館美術館で開催中の、
トゥールーズ=ロートレック展

ここの美術館は、小さい部屋がたくさんある形になっていて、
混雑時には人とぶつかったり、移動に手間取ります。
あと、靴音が大変よく響く床材が使われているので、
人が多いと、やはり気が散ります。

なので、少しでもすいているといいなと思って、
オープン間もない午前中に行ってみました。

混雑はありませんでしたが、
中高年のおばさま方がとても多いですね。。。
あまり周囲に気を使わない人が多いので、
それはそれで、ちょっと見づらかったかなぁ。

混雑してるよりはマシかしら?


ロートレックはリトグラフのポスターが有名ですね。

完成品のポスターだけでなく、
試し刷りのものや、文字を入れる前のもの等も並べて展示してあって、
色がひとつ違うだけでこれほど印象が変わるのか、
などといった驚きもある、楽しい展示になっています。


一番良かったのは、第2章のところで、
ムーランルージュの広告や、ブリュアンのポスターなど、
これぞロートレックと言わんばかりの、
リトグラフポスターが展示してある、少し広めの展示室でした。

展示室の真ん中に3つ並べて斜めに設置された柱(壁?)に、
メイミルトンの線だけの試し刷り、
同じく着色された完成品、
似たコンセプトで全く違う配色で描かれたメイベルフォールのポスターが、
並べて展示してあって、
1か所に立つだけで3つの作品を同時に見られるようにしてあったんです。

普通の壁に真横に並べてあるものだと、自分が動く必要があるけど、
これは目線を動かすだけで見比べられるので、
とても良いアイディアだったと思います。
(偉そう。。なにさま。。。)



リトグラフのポスターだけでなく、
油彩画もあり、またホームパーティで使われたメニューカードなど、
様々な作品でロートレックの生涯に触れることができ、
こぢんまりしているけれど、とても内容の濃い、良い展覧会でした。

グッズも面白いものがたくさんありましたよぉ。
12月25日まで、月曜休館です。
これはおすすめ。

あまり音の出ない靴で行きましょう。


三菱一号館美術館のコレクション展なので、
巡回はなさそうですね?


- ミュージアム - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*ゴヤ展

2011/11/22*Tue*

芸術の秋なので、美術館へ。

プラド美術館所蔵 ゴヤ -光と影-


光ってますし陰ってます。

そうじゃない。




上野公園の、駅にごく近い場所にある、
国立西洋美術館で開催中です。

写真からわかるように、雲ひとつない青空で、
おでかけ日和でした。





火曜日の午後3時頃だったかな。
平日だったけど、人気の展覧会ということもあって、混雑していました。
まぁ、見るのに苦労するほどではありませんでしたが。

土日はだいぶ混むんでしょうね。





メインは看板にもなっていた、着衣のマハ。
他に油彩と版画。

他の画家の絵が一切混じっていない、
正真正銘のゴヤ展でした。

が、

なんだろう。
わたしゴヤってそんな好きじゃないのかも。。?



宮廷画家でもあったということで、
油彩の肖像画は素晴らしいものでしたが。

ゴヤ作品だけで成立させるために、
素描や版画で作品数をかせいだ、という感じも否めませんでした。

もちろん、版画集からほとんど(全部?)の作品を見られるように、
順番に展示してあったので、
それが好きな人にはたまらないものだったと思います。

ほんとに、個人的な好みの問題なのでアレですが。



とか文句言いつつ、ポストカードいっぱい買っちゃいました。
前売り券で、お好きなポストカードが3枚選べる券が付いてるのがあったので、
それを使って。


せっかくなので、着衣のマハ。
色彩が美しかった、日傘。
宗教画も描いてたんですね、無原罪のお宿り。
素描から、同じ夜の3番目の幻影。





何かちょっと期待してたのと違う感じだったので、
不完全燃焼でした。。。
ゴヤファンの方すみません。






なんかね、こういうのがあるから、
人を誘って行くの、ためらっちゃうんだよね。

自分が何回も行ってて、勝手を知ってる場所なら、
相手の好みそうな部分を選んで見せてあげられるけど、
こういう、初見の展覧会って、そういうの無理じゃん。

人によって時間かけて見たい作品が違うし。。
難しいなぁ。

でも美術館デートは良い物ですよ。


- ミュージアム - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*パンダ

2011/11/22*Tue*

今年の4月から上野動物園で公開されているパンダを、
いまさらですが、ようやく!見に行ってきました!!!!
パンダ!!!!


11月22日。
今年は紅葉が遅めでしょうか?
上野公園のイチョウは、まだあまり黄葉が進んでいません。







キリン。

年下の男の子(後ろ)が年上のお姉さん(前)にべったりでした。
お姉さんはケツでグイグイ押したり、
シッポで払ったりして、ツンツンでしたね。
お客さんがいない舎内ではデレるのかな?







オカピ。

この日は幼稚園の遠足がいくつかと、小学校低学年の遠足もあって、
あと親子連れもかなり多くて、
これが平日か?と思うくらい混んでました。

そこで、あちらこちらから聞こえてきたのは、
「オカピどこかな!?」
という声。

オカピってそんなに人気者なんだっけ?
キリンのすぐ横の檻に居ましたが。
けっこう地味め。






わたしが上野動物園で一番好きな展示は、ビバリウムです。
両生爬虫類館。
室内が高温多湿なのも、ぼんやりできて良いですね。


ガラパゴスゾウガメ。
1mくらいある大きな亀です。

「おっきいカメさんだねぇ~竜宮城につれてってくれるカメさんだよぉ~」
と子供に教えていたお母さんが居たけど、
リクガメは泳げませんよ。。。
いくら小さい子供相手でも適当なこと言っちゃだめだと思います。



ホウシャガメ。
これは成人男性の片手に乗るくらいの大きさのカメ。

エサを一生懸命食べていました。
カメって何をしてても一生懸命な感じがして、いいですね。



セマルハコガメ。
くったり。

かわいい~

カメは甲羅の中に手足や首をしまうことができますが、
首をしまったあと、そこはポッカリ空間ができますよね。
でもこのカメは、おなかの辺りに「ちょうつがい」がついていて、
なんと上下の甲羅がぴったりしまるのだそうです。



このように、体の特性を生かして身を守る両生類・爬虫類が集められた、
特別展示が今年いっぱい行われています。
(別途料金などはかかりません。)

敵に触られるとうろこがズルムケになるヤモリとか。。。
目から血を飛ばして敵を攻撃するトカゲとか。。。
すごいですよ。







場所は変わって小動物館。
この子はずっとこのポーズでした。



ミーアキャット。







モノレール乗り場に居るカメレオンはクリスマス仕様です。
あれ、上野動物園ってカメレオンって居たかな?見たかな?







ジャンボウサギ。
比較物が写ってないのでアレですが、
60~70センチはありそうな、それはそれは巨大なウサギでした。

毛皮をとったり、食用にするために大きく改良されたそうですよ。
現在はペットとして飼われることが多いそうですが。
この大きさ、かわいいのかな。。。






そして今日のメインイベントはパンダ!!!!
午前中からお昼くらいまでは、平日でも行列が出来てますね。
列に並ばなくても遠くからなら見えますが。

午後になって行列がなくなった隙にささっと行ってみました。

オスとメスは別々のスペースで、
かなり広いお部屋に居ますね。
檻じゃなくてガラス張りでした。



しかし広いお部屋なので向こうの方にいるとあんまり見えない。。。



あ、ちょっと近くに来た!!



うわー!パンダだよー!おかーさーん!!



大きくて、のしのし歩く姿はやはりクマそのもので、
あれ、思ってたほど、かわいくは、ない、かな。。

テレビなんかでみる「かわいいパンダ」はだいたい子供だもんね。




お土産やさんのワゴンのほうがかわいかったw







園のすぐ外にあるポストもパンダ!
もしかしてここから回収された郵便物にはパンダの消印が?!
まぁそれは、ないと思いますが。
思わずここでお手紙を出したてみたくなりますね。






秋晴れの動物園は混雑していたけど、
気持ちよくお散歩ができました。

最近リニューアルした、ホッキョクグマとアザラシの海とか、
この日は見ていないところもたくさんあるので、
また近いうちに行けたらいいなぁ。


- おでかけ - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*クリスマスウィッシュ

2011/11/10*Thu*

11月7日から始まった、ディズニーリゾートのクリスマスイベント。

わたしは10日に、ディズニーシーへ行ってきました。
今年のイベントは、去年までのハーバーサイドクリスマスから変わって、
クリスマスウィッシュという名前になってます。




デコレーションを見ていきましょう。
まずは入ってすぐの地球儀の噴水のところ。


わーなんか豪華になってるなんだこれ。
ドナルド、ミニー、ジーニーが波に乗ってますねー。
これはクリスマス用じゃなくて、10周年のデコレーションかな。
反対側にはグーフィー、チップ&デール、アリエルなどが居ます。







火山を背にして、地球儀の正面(?)がこれ。
ミッキー。


夜はこんな感じ。
たまにキラキラ光ったりしてきれいです。







エントランスもどちらかというと10周年押し?
クリスマスは周りに散りばめられてるって感じですね。


夜はこんな感じ。
完全に10周年がメインだ。







ミラコスタ通りの天井のデコレーション。
これはいつもと同じかな。
中の絵が変わってるのかもしれないけど。







同じくミラコスタ通りのバナー。
今年は1枚1枚がおっきいですね!豪華。




さてまだほんの入り口ですが、
写真が多くなってしまうので、
ここから先はまた別の記事で。


- ディズニー - Permalink - Comment:2 - TOP ▲ -

*庭園美術館

2011/11/02*Wed*

東京都庭園美術館。

旧朝香宮邸がそのまま美術館になっていて、
広いお庭も散策できる素的な場所ですが、
11月1日より、リニューアルのため全面休館となっています。


休館前の約1ヶ月間、
美術品の展示を行わず、建物自体を鑑賞する、
アール・デコの館展が行われました。


普段、展示会をやっているときは、
作品そのものや、著作権の保護のため、
基本的に写真を撮ることができません。

でも、この建物自体もとっても素敵で、
リニューアル前に細部をじっくり見られる良い機会なので、
行ってみました。





同じように思っていた人はたくさん居たみたいで、
すごく混雑していました。。。

「あーあ、普段ならこんなに並んだりしないのになあー」
「いつもならこんなに沢山ひとが居ることないのにねえー」
などと大きな独り言を言う人がちらほら居ましたが、
なんというか、格好悪いですね。。

「こんな時だけ来るニワカと俺らは違うんだぞエッヘン」
みたいなニュアンスなんだろうけど、
他の人だって普段の展示会を見に来てるからこそ、
建物自体が素敵だってことを知っていて、
こうやって集まってるんじゃないんでしょうか。。?

会期が短いし、リニューアル前で、今だけ、となると、
そりゃ大勢集まってもしょうがないでしょう。


つまんないことで自尊心保ってなきゃやってけない人たちは大変だなぁ。
と思いつつ、
さっそく建物の中へ。

アール・デコ様式で建てられていて、
内装も、全く隅々までモダンに美しく造られていました。
普段は公開されていないお部屋にも入れましたよぉ。

見所が多すぎたので、ダラダラ写真だけ貼っておきます。



入ってすぐの大きい広間に飾ってある、大理石のレリーフ。



次の大きな客室にある豪華なシャンデリア。



大食堂のラジエターカバー。
食堂だからお魚の模様です。(他のお部屋はまた違う模様でした)
照明はフルーツのモチーフだし、遊び心が満載です。
アンリ・ラパンの壁画もあって、食堂と言えどもすごく豪華なお部屋です。



階段も素敵!見とれて落っこちそう。



階段を上ったところにある照明。
階段途中にあったモチーフとも統一感がありますね。



先に「隅々まで美しい」と書きましたが、これです。
ぐうっと見上げると、天井に換気口があって、
そのカバーまでこんなことに!嗚呼!
お部屋によって、これもまたモチーフが違ったりするんです。すごい。



中までは入れませんでしたが、書斎。
写真では見えないけど奥のほうはお部屋自体が半円状で、
机を取り囲むように窓・本棚・窓・本棚ってなってるんです。
素敵すぎる。
これは捗る。



バルコニー。床がおしゃれ。
窓からはお庭が見えます。



姫宮寝室の前の廊下(?)にあるめっさかわいい照明。
天井にもカラフルな灯りが映ってるんだけどわかるかな?



ウィンターガーデン。
温室として使われていたそうです。
白と黒の床や壁がオシャレすぎて鼻血でそう。



玄関正面のガラス。
ルネ・ラリックの作品です。
この写真だとわかりにくいけど、真ん中の女性が立体的になっています。



そのガラスのすぐ足元にはモザイクタイル。
ガラスに見とれて見逃すから危ない。



お庭から建物を見たところ。
左の丸くでっぱってるところが食堂かな。
右側の1階部分が大客室(シャンデリアのあったところ)で、
2階部分がバルコニー。



お庭のほうは、まだ紅葉も始まっておらず、
見所はちょっと、なかったんですが、
ポカポカと暖かかったので、
芝生などでお弁当を広げる家族連れや、
スケッチをするお年寄りも居て、にぎやかでした。



シャボン玉で遊ぶ親子。
なんだこの図やばいな。
これが幸せか。



お庭で談笑する人々。
お外って気持ちいいよね。




写真以上です。
リニューアルでどうなるのか?
楽しみです。


- ミュージアム - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。