Blanc-neige

Blanc-neige

http://emirunrun.blog32.fc2.com/

いいお薬をくださいな 楽しい夢が見れるやつ

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*ラシーヌ

2012/02/23*Thu*

少し寒さがゆるんで来ましたね?
もう2月も後半。
あと1週間で3月ですもんね。
はやー。



先日、ツイッターのフォロワーさんにお誘い頂いて、
パン屋さんが(に?)ビストロと(が?)一緒になってるお店に行ってきました。

RACINES

池袋のジュンク堂書店の裏っかわのほうにある、
地下にあるお店で、
気をつけて見ないと通り過ぎそうになる感じのところです。

こちらはランチが人気みたいですね。
焼きたてパンが食べ放題だとか。。。
それも気になりますが、
今回はディナーで。


サラダは写真撮り忘れました。


アジと金柑と芽キャベツのマリネ。

キンカンですよ。珍しい。
でも金柑ってあんまり酸っぱくなくて、味も甘みも香りも強いので、
アジがかすんでしまった感がありました。




パン!
さすがに美味しいです。
ライ麦の少し酸味のあるカンパーニュと、
白い丸っこいのはブラックペッパーがホールで練りこまれてます。
あとナッツ、クルミかな?も入ってました。
チーズのフォカッチャっぽいのも出てきましたね。




大きい太い
下に敷いてある白いんげんや、
スプーンとフォークと比べて見てください。
めっさでかい。

荒びきで、ローズマリーの薫り高い、
濃いめのソーセージでした。
自家製だったかな?

ちなみに白いんげんはピリ辛トマトソース。




鹿肉の赤ワイン煮込み。
丸っこいのはじゃがいも。

ナイフがいらないくらい、トロットロに煮込まれていました。
鹿肉って、覚えてる限りでは初めて食べました。
イノシシまではいかないけど、そこそこ獣臭がありますね。
まぁお肉なんてどれもそうだけど。

赤ワインで煮込んであるので、そこまで気になりませんでした。




パンがたくさん出てくるので、
普通の居酒屋さん感覚でフードを頼んでしまうと、
お腹がだいぶいっぱいになるので気をつけましょう。。。
(でも残ったパンは包んでお土産に持たせてくれました。)




この日は雪も降ってたし、金曜日でもない普通の平日でしたが、
店内はほぼ満席。
たぶんお店のコンセプトなんだろうけど、
話し声が反響してガヤガヤとにぎやかしいので、
ゆっくり話をするような場面には向きませんね。

店員さんは元気で気さくな接客をしようと頑張ってる感じでしたw




普通のパン屋さんみたく、パンのテイクアウトのみの利用もOKだし、
大人気のランチや、
焼きたてのスコーンが頂けるティータイムもあって、
色々な利用のしかたができるお店のようです。

並ぶみたいだけど、ランチも行ってみたいなー。

いいお店でした。
ありがとうございました!


スポンサーサイト

- 食べ物 - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*世界のブックデザイン展

2012/02/20*Mon*



江戸川橋駅から徒歩で10分くらいのところに、
トッパン印刷のビルがあって、
その影に印刷博物館があります。

(もう終わってしまったのですが)
先日、そこで行われていた、
世界のブックデザイン2010-11展へ行ってきました。


各国のデザイン展で入賞したものが、
集められている、という感じなのかな。


自由に手にとって見ることができます。
もちろん中も。


表紙のデザインにぱっと目をひかれるものもあるし、
その紙質や色や字体、
写真や絵と、文字の対比の美しさや珍しさ、
レイアウトのおもしろさなど、
ひとくちに本と言ってもいろんなことができるものだなぁと、
感心しっぱなしでした。

簡素な表紙と、表紙裏の鮮やかな赤との対比がインパクトを与えていたり、
背表紙のタイトル文字がそのまま表紙や裏表紙にまでのびてデザインになっていたり、
ページごとに紙のサイズが違うとか、
見開きをうまく利用した写真集や、
全てのページが袋とじ状態になっている本など、
どの本にも他と違う特徴があるんです。


本のデザインというと、
写真集や絵本が思い浮かぶくらいで、
小説や技術書なんかは、せいぜい表紙に凝るくらいしかできないし、
文字が書いてあって読めればいい、と、思っていたけど、
違うんですね!

余白をどれくらいあけるか、
挿絵のレイアウトはどうするか、
文体は、行間は、紙質は、なんて、あらゆるところに
「デザイン」が生きているんだと、
はじめて気付かされて、驚きました。


この展示は既に終わっていますが、
おそらく来年もやるんですよね?
来年もあるなら是非、行ってみたいと思います。


- ミュージアム - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*ラスト大阪

2012/02/20*Mon*

前回の続き。

妹の結婚式のあと、
遠方から集まった両親とわたしは、
大阪城公園に隣接する、
ホテルニューオータニ大阪へ泊まらせてもらいました。

ホテルの予約をするにあたって、
父母と同じ部屋にするか、わたしだけ別の部屋にするか、
と聞かれたけど、
さすがに個室をもうひとつ取ってもらうのも悪いし、
この頃、精神的な不安定が一番ひどかった時期で、
誰かと居たほうが保っていられると思ったので、
ちょっと照れくさいけど父母と3人部屋で。


なんとキャッスルビューのいいお部屋。
手前には大阪城ホールも見えたりします。




広い大きな窓だったので、
少し角度を変えて見ると、大阪の街並みがきれい。

なんと、寝るだけなのにもったいない。。
ありがとう妹夫婦。




ホテルに着いたのも早かったし、
父の提案で、母と3人で最上階のラウンジへ。
デフォルメされたロートレックの絵が描かれていたりして、
モダンな雰囲気。

カクテル1杯1500円~って感じのところです。
こういうところは雰囲気を楽しむものだから、
値段は考えちゃだめだそうです。
父曰く。


めっさおいしいレーズンバター(2000円くらいする)をつまみながら、
2杯くらい呑んで、久々の親子の語らい。

田舎へ帰って来ないのか、
みたいなことを言われたような気がするけど、
酔ったふりして適当に流してしまいました。




さらにホテル内探検。
1階ロビーにはシンプルだけど大きなツリーが飾ってありました。
この日は12月の前半だったので、クリスマスツリーです。

記事にするのがどんだけ遅かったかわかりますね。




入り口にもクリスマスっぽいオブジェが。
あたたかい雰囲気で、ごちゃっとしてて、
かわいいです。



白いトナカイ。
かわいいー


他にも高級そうな家具屋さんやブティックや、
雑貨屋さん、じゅうたんとか売ってるお店なんかもあって、
どれも閉店時間を過ぎてたので、
ショウウィンドウだけ、
まぁすごいねーと言いながら見て回りました。

田舎モン丸出し。。



ベッドの寝心地も最高で、
目覚めもスッキリ。

朝食はブッフェで、
目の前でシェフがオムレツを焼いてくれたりしました。
和食洋食、パン、お粥、シリアルにフルーツに、なんでもありでした。
ブッフェだと、終わったら勝手にお帰り下さいって場合が多いのに、
ここでは食事が終わった頃を見計らって、
コーヒーor紅茶をサーブしにきてくれて、さすがのサービスでした。





この日はそれぞれ帰路につくのだけど、
少しだけ観光していきましょうということで、
妹夫婦がやってきて、
一緒に大阪城の見学に行きました。


黄葉はほぼ終わってしまってますね。




中にも入りましたよー。
展望台から市内を一望して、
階段を下りながら展示を見ていく感じになってます。

母は金の茶室(のレプリカ)にいたく感動していたようです。

写真は城壁に描かれているトラと、
屋根についてるシャチホコです。
原寸大だと思いますが、レプリカかな?本物?



場所によってはまだ紅葉が少しだけ残っていました。


このあと市内を車でぐるりと案内してもらって、
お昼ごはんを食べて、お土産を買って解散。

式の翌日で疲れているであろう義弟が運転とガイドをしてくれました。
なんていい子だ。



これでしばらく大阪とか関西に行く用事はなくなりました。
実家へ帰る用事も特にないし(帰れよ)、
家族と顔を合わせるのは、次はいつのことになるやら。です。


- おでかけ - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*結婚式

2012/02/13*Mon*

気付けば2月ももう半ば。
早いものですね。

ここまでに自分のお誕生日があったはずなんですが、
あれー。。。どっかいっちゃいました。
去年は確か東京タワーにのぼったけど、
今年は何もせず。
(風邪気味でおうちから出たくなかったのもある。)

数人からメールと、
実家から荷物があれこれ届いたくらいですかね。

パーティーやろうぜ!みたいな面倒くさい友達もいないし、
自分のお金でプレゼントやケーキ買うのも、なんかね。アレだし。
というわけで、特にめでたくなかったことに。
歳とらなかったということに。

は、なりませんね。。
33歳になりました。
ばばあ。




自分のお誕生日があんまりめでたくなかったので、
別のめでたいお話を。




結婚しました!!





妹が!!






婚姻届はもっと前に出してあったのだけど、
お式はやってなかったので、
昨年末に大阪で、家族のみの小規模でやりました。

妹はわたしよりかわいくて細いのでドレスも似合います。
旦那さんはパーツが派手な感じの顔をしていて、そこそこイケメンです。





新婦の晴れ姿を写真に納める新郎と、
それを見守る母親たち。

ほのぼの。



この式場はチャペル内の撮影が禁止だったんですよね。。。
まっしろでキレイだったのに。
この写真に写ってるとこだけ一部きれいっぽくしてあるけど、
薄暗くて雑然とした通路の途中?階段の踊り場?みたいな
全体としては落ち着かない待合室みたいなところでしか写真が撮れなくて。

本人達の、低予算でという強い希望だったから、
まぁしょうがないのですが。




お式のあとは会場をレストランに移して、
お食事会。
前菜。
おしゃれー。



サーモンのソテー。トマトソースがかかって、周りにバジルソース。
サーモンが肉厚でおいしかったー

前菜の前にも一皿あったし、
このあとお肉も出てきたし、
お酒も飲み放題だったので、もうおなかいっぱいですよ。



披露宴じゃないけど一応ケーキカットをやったので、
デザートはそのケーキを切り分けていただきました。



カラードレス。
ずいぶんシックな色だったけど、
意外とこういうのもいいなぁ。
似合ってました。



お食事会が夜だったので、日帰りというわけにもいかず、
この日は新郎新婦のはからいで、
田舎から出てきた両親と、埼玉から出てきたわたしは、
ハイクラスホテルへ宿泊させてもらいました。

その様子はまた次回。

- おでかけ - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。