Blanc-neige

Blanc-neige

http://emirunrun.blog32.fc2.com/

いいお薬をくださいな 楽しい夢が見れるやつ

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*金環日食

2012/05/21*Mon*

2012年5月21日07時30分頃。

日本中で多くの人たちが空を見上げていましたね。



前々日の仕事帰りにハンズに寄ったら、
日食グラスが売り切れていました。
みんな直前になって買うんだなー(自分もなー)。

お天気を見つつ、前日にまた買いに行けばいいかなーと思っていたら、
当日の予報は朝から晩まで曇りマーク。
しかもわたしは風邪を引いていて、出かけるのがおっくう。
確か前回の皆既日食(本州では部分食)でも雨だったしな。
ということで、日食グラスはいらないという結論に。。。



でも晴れてしまいましたねー。
まだ風邪も治りきってないからお外には出られないし、
裸眼で太陽を直視してこれ以上目が悪くなるのも困るので、
おうちの中から木漏れ日で観察することに。


木漏れ日に限らず、穴をあけた紙や、麦わら帽子など、
小さな穴を通して見る光は、
穴の形に寄らず、光源と同じ形に見える現象を利用します。




これがちょうど食の最大となった頃。
金環食のときです。
輪っかになってるの、わかるかなぁ。



木が風で揺れるからぶれちゃったけど、
こっちのほうが輪っかになってるのがわかりやすいかも?




日食が終わりに向かい、月がずれて、
太陽が三日月形に変わっていきます。

太陽の位置も変わっておうちの中に光が入らなくなってしまったので、
急遽白いものをお庭に持ち出して写しました。
ので、ちょいブレ気味。



公園とかもっとたくさん木の生えているところに
行けばよかったんですけどね。
早朝で、化粧もままならなかったのでこれが限界でした。


太陽を特殊なフィルターを通してきれいに写した写真なんかが、
今はネットでたくさん見られるので、
自分で見なくてもそれを見ればいいかなーと思ってたけど、
自分のお家にも輪っかの木漏れ日が入って来ているのを見ると、
やっぱりテンションあがってしまいました。

雨や曇りで見えなかった地域もあったみたいで、
残念でしたね。。





ちなみに、
次は300年後ってさかんに言われてるけど、なんでだろう?
今年中にまた皆既日食ありますよね?オーストラリアだけど。
日本で見られるのがってことなのかな。
でも部分食なら2019年には見られるでしょ?
金環日食でも2030年には起こるけど。。。?北海道だけだから?
何を指して300年後って言ってるんだろう??
よくわかりませんが。

何にせよ、ご近所のみなさんが出てきて、
見えたー?なんてわいわい騒いでるのが、
ちょっと面白かったです。
300年後もこんなふうに平和だといいですね。


スポンサーサイト

- 日常 - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*大エルミタージュ美術館展

2012/05/14*Mon*



東京、六本木にある、国立新美術館で開催中の、
大エルミタージュ美術館展へ行ってきました。

公式サイト

エルミタージュ美術館は、
メトロポリタン美術館やルーブル美術館と並ぶ、
とても大きな美術館で、
有名画家の絵画をはじめ、多くの美術品を有しているそうです。

今回は全てが絵画で、年代ごとに構成されているので、
その時代精神による絵画の流行の変化もわかるようになっています。



まずは16世紀、ルネサンス時代。
主に宗教画ですね。
スケドーニの「風景の中のクピド」が良かったです。
英語で言うところのキューピッド。
エロスやアモルとも呼ばれる、つまり愛欲の神(天使)ですね。
小さな子供の姿をとった天使ですが、
その名にふさわしく、とても色っぽい表情をしています。



次に17世紀、バロック時代。
この辺りがわたしは一番好きかなー。
ルーベンスやレンブラントの絵も見られます。

「花飾りに囲まれた幼子キリストと洗礼者ヨハネ」
が、人気っぽくて、人だかりができていました。

わたしが好きなルーベンスからは2作品で、
「虹のある風景」と「ローマの慈愛」
彼の描く人間の体は、とても迫力があって素敵なので、
やっぱり服は着てないほうがいいですね。
ということで「ローマの慈愛」のほうが良かったかな。



そして18世紀、ロココ時代。
この辺りが本当は見所なのかもしれません。
エカテリーナII世自身が画家から直接買い付けた絵画や、
本人の肖像画などもありました。

フライヤーにもなっている、「ウェヌスの帯を解くクピド」(最初の写真の左)もここです。

「パレルモ港の入り口、月夜」
「死の天使」
が、気に入ったので、ポストカードを買いました。



続いて19世紀、ロマン派や印象派の時代。
ロマン派からはドラクロワの「馬に鞍をおくアラブ人」
小さいものでしたが、ドラクロワの独特の迫力ある筆づかいには圧倒されます。

あとは「洞窟のマグダラのマリア」がきれいでしたね。
他にもセザンヌやモーリス・ドニなどの有名画家の絵が並びます。

印象派絵画はあまり好きではないんですが、
さすがにモネの「霧のウォータールー橋」には嘆息しました。
ほとんど薄紫一色の画面にぼんやりと浮かび上がる橋や川面はとても美しいです。



最後に20世紀。
ルソーやアンリ・マティス、ピカソなど。
今回の目玉はアンリ・マティスの「赤い部屋(赤のハーモニー)」ですね。
遠近法を使わない平坦な画面に、大胆な配色と筆づかい。
これが。。いいのか。。。そうか。

良さ、は、ちょっとわかりませんでしたが、
本展のみならず、エルミタージュ美術館の代表的な作品とされているだけあって、
足を止めて見入ってしまう絵ではありました。



作品数は絵画のみ89点と、それほど多い印象を覚えませんが、
実際に見てまわると、なんだかものすごい量に感じました。
ずいぶんと内容の濃い、密度の高い展覧会です。

わたしでも知ってるくらいの有名画家の絵が何点もあるんだから、
そりゃそうですよね。



グッズは普通にポストカード、一筆箋、ふせん、クリアファイル、
マグネット、ブックマーカー、ストラップ、複製画など。
ポストカードは普通のハガキの倍くらいの大きめサイズのもありました。
チェブラーシカとのコラボ物も少々。


わたしはポストカードだけ。
エルミタージュ美術館の外観(左上)。
その下が、パレルモ港の入り口、月夜。
真ん中上が、死の天使。
真ん中下が、洞窟のマグダラのマリア。
右下が、風景の中のクピド。

他にもいいのがたくさんあって、選ぶのに時間がかかってしまいました。。
本当は全作品と解説が載ったカタログを買うのが一番なんだろうけど、
本だとどうしても場所取るしなぁ。。。
なのでいつもポストカードを数点しか買いません。

どうでもいいですね。



東京では7月16日までの開催。
人気の展覧会なので平日でもそれなりに混雑しています。
開館と同時に行くのが一番かなぁ。
閉館間際もすいてると思うけど、
時間が気になってゆっくり見れないのが難点ですね。

会期後半になると更に混んでくると思うので、早めに行きましょう。

そのあと、名古屋、京都と巡回します。
お近くの方は是非。


- ミュージアム - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。