Blanc-neige

Blanc-neige

http://emirunrun.blog32.fc2.com/

いいお薬をくださいな 楽しい夢が見れるやつ

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*シャルダン展

2012/10/27*Sat*

東京、丸の内にある三菱一号館美術館で開催中の、
シャルダン展へ行ってきました。

シャルダン展公式サイト





中庭側の入り口。
「すももの鉢と水差し」が描かれていますね。

この日は時々雨のパラつくお天気で、
平日の午後、あまりお客さんは多くなく、ゆったり見てまわれました。






フライヤー。

「やさしい沈黙につつまれる」「静寂の巨匠」と書かれているとおり、
どれも、とても静かな作品です。

静かだけれど、冷たくはなくて、
やわらかく、温かい印象のある絵ばかりでした。



展示内容としては、まず初期の静物画、
続いて風俗画、最後に後期の静物画、となっています。

風俗画、人物や風景も良いんだけど、
わたしはやっぱり静物画のほうが好きだなぁ。

人や風景や動物みたく、今にも動き出しそうな躍動感がなくて、
決められた位置にじっとしている物たちからは、
永遠に変化せずにそこに在るという、
安心感みたいなものが得られます。



テーブルの木、ゴブレットの銀、コップのガラス、
陶器、果物、花、動物、布、など、
質感の違いが巧みに表現されているのも、好きなんですよね。

人物画でも、その顔や表情、ポーズよりも、
着ている服の素材感の違い(ビロードとレースとか)に目が行ってしまうし、
周りに配置された家具や小物が気になってしまう性質なんです。





ポスターやフライヤーにもなっている、
「木いちごの籠」のポストカード。
この作品は個人蔵のため、普段はどこの美術館へ行っても見ることができません。

薄暗い土壁や木のテーブルの色と、
木いちごの赤・カーネーションの白との対比がきれいです。
透明ガラスのコップの存在感もいいですね。






最後のほうに展示されている「桃の籠とぶどう」のポストカード。


ほんとうは「桃の盆とぶどう」のほうが好きだったんですが、
ポストカードになっていませんでした。。。

「ぶどうの籠」だったかな、ワインとナイフの置かれた絵があって、
そちらもすごく良いなと思ったんですが、
ポストカードになってしまうと暗すぎて、
実物のほうが断然良かったので、買わずじまいでした。
買っておけばよかったかな??






クリアファイルを開いたところ。

「木いちごの籠」のデザインの赤いバージョンと、
こちらのバージョンがありました。

シャルダンの現存する作品の中で唯一、花が描かれた「カーネーションの花瓶」と、
「食前の祈り」が描かれています。



この「食前の祈り」は、同じ題名で同じ構図で、細部が少し違う、ヴァリアントがあり、
今回の展覧会では2つの作品を比べてみることができます。
微妙な違いなんですが、色使いや人物の顔の表情を見比べると、
先に描かれた、ルーヴル美術館蔵の作品のほうが好きですね。

クリアファイルには、わたしの好きなほうの絵がデザインされていました。
わーい。




作品数は38点と、かなり少なめです。
絵そのものも、あまり大きくはなく、
こぢんまりとした印象の展覧会でしたが、
静物画ってついついじっくり眺めてしまうものなので、
見るのに1時間くらいかかりました。
ボリューム不足という気もしませんでした。

ただ、他のお客さんで、
「えっ?出口って書いてある。もうおわり?」と言っていた人も居たので、
細部までじっくり見ない人には、物足りないのかもしれませんね。



最後の部屋が特設ショップになっていて、
キッチンや食卓をイメージした作品が多かったせいか?
銀食器、カトラリー、ジャム、ディップソース、ビスケットなど、
キッチン用品や食品が多数、売られていました。

作品関連のものだと、ポストカード、クリアファイル、マグネット、一筆箋、
くらいかな?あまり種類はありませんでした。

通常のミュージアムショップには、ロートレック(展の余り?)の、
複製画やポスターやポストカードが
けっこう豊富に揃ってました。





シャルダン作品は借用が難しいということで、
日本での個展は初めてだそうです。
また地方への巡回は無いそうなので、
気になる方は多少無理してでも見ておいたほうがいいかもしれませんよ!

来年の1月6日まで開催しています。
平日の木・金曜日の18時以降は、アフター6割引ということで、
1000円で入場できるそうです。

通常は1500円なのでお得ですねー。

スポンサーサイト

- ミュージアム - Permalink - Comment:1 - TOP ▲ -

*まかいの牧場

2012/10/10*Wed*

5年ほど勤めた職場で大きな環境の変化があり、
こういう状況になりますが、残りますか?辞めますか?となったので、
じゃあ辞めますね^^
つって無職になりました。

今年の夏の繁忙期は例年よりも大変だったし、
癒されたい、ということで、同時に辞めた同期たちと、
バスツアーを利用して牧場へ行って来ました。

静岡の朝霧高原にある「まかいの牧場」です。



駐車場のコーンが牛柄でかわいくて、そこで既にテンション上がりました。





ランチはジンギスカン。
ポークが主でしたが。。。ラムも少し。

連休中日で、道がとても混んでいたので到着が少し遅れ、
ランチが14時になってしまい、お腹ペコペコで挑みましたが、
かなりの量があって満腹になりました。





ランチのあとは少ない自由時間で動物たちとたわむれて回ります!

ポニー。

動物園と違って、ほぼ全ての動物に自由にさわったり、
エサをやったり出来るところが良いですね。





ヤギ。

この子らはリードがつけられていて、
300円で20分(平日は30分?)のお散歩ができます。

これが大人気らしく、
園内にはたくさんのお散歩ヤギが歩いていました。
うんちもいっぱい落ちてました。





白馬の王子様!

あ、王子様いない。

このサイズの馬にもさわれて、エサをあげることもできます。
乗馬体験もあります。

この馬にもくらがついていました。





羊!

白や茶色や、顔の黒いのや、
たくさんの羊がのんびり草をはんでいます。

モコモコのウールがさわり放題。






このように小高くなった丘に羊が放牧されています。

うんちがコロコロ落ちていて、
小さい子供が興味しんしんで拾い上げて、
親が悲鳴を上げる場面が多く見られました。





途中で集合して、バター作りを体験します。
牛乳に生クリームを足して脂肪分を高めたミルクを、
シャカシャカと5分ほど振ると脂肪分と水分が分離してバターが取り出せます。

クラッカーはあとでバターを食べるときに使います。



はい、できあがりー。
分離した水分=脱脂粉乳は飲んでしまいました。

5分と言ってもずっと振り続けるのは、結構疲れますよ。
出来上がったバターは、あの、ケーキでたまにあるバタークリームですね。
甘みも塩分も加えていないので味は違いますが。




バター作りのあとは、再度の自由時間。
ミルクの味の濃いソフトクリームが、ツアーの特典でついてきました。
ちょっと寒かったけど、ほんとにおいしかった!





そして動物たちの元へ。

ワラビー。

なんとワラビーにもさわれるんですねー。
ゴワっとしてるのかと思いきや、フワフワしていました。
犬に近いさわり心地かな。





柵の中にいたので触るのは難しかったけど、
子羊も居ました。
かわいいーかわいいーふわふわー





ハンモックの森。
夏なんかは特に、高原の涼しい木陰でゆらゆらできたら、
最高に気持ちいいだろうなあ。

時間がなかったので乗りませんでした。残念。





小動物も居ますよー。

ミニブタ。
なんとなく、やわらかい肌をしている気がしていたんですが、
実際にさわると猫のヒゲくらい硬い毛に覆われていたのでびっくりしました。

他にもモルモットやウサギも居ました。







気持ちのいい空気と、かわいい動物たちと、
おいしいご飯、おいしいミルク。
とっても癒されました。

牧場っていいですね。





このあと、富士サファリパークでナイトサファリも堪能しました。
暗いので写真は何も撮っていませんが、
特に肉食獣などは、昼間はほとんど寝ているので、
活発に歩き回る姿が見られて興奮しました。

動物っていいなぁ。すごいなぁ。






そして、帰り。
連休で道が混んでいるのに加えて、事故による渋滞で全く進まず、
予定を3時間以上オーバーしての到着で、
終電がなくなり。。。
そのままみんなでカラオケ屋さんで夜を明かしました。

またそれも思い出になりましたが。
疲れました。。。

でもバスツアーは盛りだくさんの内容でとっても楽しかったので、
また行ってみたいです。


- おでかけ - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*まとめて

2012/10/10*Wed*

行ったけど既に終わってしまった展覧会のまとめ。


アール・デコ 光のエレガンス展

スラリと背が高く曲線で構成される、アール・ヌーヴォーと、
丸っこくて背の低い、直線で構成される、アール・デコ。

今回は、アール・デコのガラス作品を多く扱った展覧会でした。
ルネ・ラリック、ジャン・デュナン、ドームなどの作品が100点超。

やはりラリックの作品には魅了されます。

現在改装中の、東京都庭園美術館の所蔵品も多く展示されていました。






レーピン展

人物画や肖像画など約100点。
モデルとなる人物に対する、画家の愛情や尊敬までもが伝わるような絵でした。
精巧でリアルな画風ですが、緻密すぎて息詰まる、というような印象はありません。

素朴さもあり、暖かな雰囲気でした。

- ミュージアム - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*手数入り

2012/10/03*Wed*

10月1日、台風一過の快晴となりました。
雲ひとつない青空に、強い日差しで、
ひなたに居るとジリジリと焼けるように暑い日でした。

この日、代々木にある明治神宮で、
明治天皇百年祭&秋の大祭を奉祝して、
横綱の奉納土俵入りが行われたので、行ってきました。

土俵はないので、正確には手数入り(でずいり)と言うそうです。



10時半からの予定で、
お正月には4千人が集まるとニュースで見たので、
早めに行かないと見えないかなーと思って、
90分前の9時に到着予定でおうちを出ました。
途中で電車が止まったりしたので、実際に到着したのは75分前。

見た感じ普段の昼間の参拝客、より、やや少ない、程度しか人が居なかったので、
落ち着いて手と口を清めて、本殿にお参りしてから、
屋根のあるところのベンチで待ちました。

これと言って行列などが出来ている様子はありません。

70分前くらいから、徐々に、
ポールを置いて、ロープを張って、イスを並べて、
と会場準備がされはじめ、
それを見て日陰に居た人たちがワラワラと集まってきて、
早い者勝ちで好きな席に座っていくという感じでした。

お正月とか、9月28日の日馬富士の推挙式なんかは、
有名だったりテレビ等で事前に告知されていて、
3千人4千人と集まったようですが、
今日は大きな告知はなく、
秋の大祭に手数入りがあると知っている人と、
たまたま参拝に来ていた人だけだったので、
60分前でも席はガラガラ。

30分前にスピーカーからアナウンスがあったりして、
ようやく埋まったかなといった感じでした。



わたしは前から2番目の席がとれました。
写真のロープで仕切られたところは、関係者席。
それより向こう側は横綱のお尻しか見えない位置なので、まだ全然人がいません。

待っている間もガンガン日があたるのでとても暑かったです。
隣あった初老の男性と仲良くなって、
「色が黒くなる紫外線は夏だけだけど、シワを作る紫外線は冬でも量が変わらないから
日焼け止めは一年中塗ったほうが良い」などと教えてもらいましたw

定年退職してから、おうちでテレビばかり見ていて、
雑学をたくさん覚えた、とおっしゃっていました。



15分前くらいかな、紋付き袴姿の白鵬が本殿へ入ります。
特にアナウンスはなし。

10分前くらいに、日馬富士も同じく本殿へ入っていきました。

時間どおり、10時30分から、
参道に座っていると見えませんが、西側(本殿に向かって左)でお払いを受けて、
本殿の、一般客が参拝するより更に奥で、正式参拝をしていたようです。

このあと、親方衆はそのまま参道へ入って来られて、
東側、わたしたちの最前列に着席しました。
貴乃花親方めっさ近くに来た!!
(後姿の写真しかないので載せてません)



正式参拝が終わって、支度部屋へ戻り、
化粧まわし姿で再登場したのが10時50分ちょい過ぎ。

写真まんなかの人が東の横綱を先導する行司の第36代木村庄之助。



力士ふたりを引き連れて(名前がわからずすみません)、
東の横綱・白鵬の登場です。
一礼。

この日はほんとうに日差しが強く、
石畳も熱く焼けていたのではと思うのですが、
みなさん裸足でも動じませんね。すごい。



特にアナウンスなどもなく、静かに土俵入りが奉納されます。



\よいしょー/



\にっぽんいち/

後姿もかっこいい。






白鵬が退場したあとは、続いて、先日昇進したばかりの、
西の横綱・日馬富士。



\よいしょー/



\にっぽんいち/



迫力ありました。
最後に一礼。





客殿が支度部屋だったみたいですね。
巫女さん。朱色がかわいい。




横綱、ましてや土俵入りを、生で直接見たのは初めてでした。

特に白鵬は、2007年に横綱として初土俵を踏んでから、
5年以上もその地位を守っているので、非常に風格がありました。

体ももちろん大きいし、それ以上に気迫と言うのかオーラと言うのか、
存在そのものがとても大きく、近寄りがたく、神聖で、
同じ人間ではあるけれど、それでもまったく特別な、
「横綱という生き物」なのだなぁと、感動を覚えました。

もちろん、日馬富士の土俵入りも迫力があり、美しかったです。
西の横綱としてこれから頑張ってほしいですね。


- おでかけ - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。