Blanc-neige

Blanc-neige

http://emirunrun.blog32.fc2.com/

いいお薬をくださいな 楽しい夢が見れるやつ

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*箱根美術館巡り①

2010/11/28*Sun*

箱根旅行のつづき。



新宿から小田原へ。
そこから箱根登山鉄道で強羅へ。
そこから観光施設めぐりバスでポーラ美術館へ。

山の中にひっそりと佇む、
ガラス張りの美しい美術館です。
周りはきれいに紅葉していて、
眺めも最高です。

この時はルソー展をやってました。




ランチがまだだったので、館内のレストランでカレーを。。。
器と盛り付けがシャレオツ!!

エビ・イカ・ホタテがごろごろ入った、
シーフードカレーでした。
おいしかったですよ。
ごはんがちょっと柔らかめだったなぁ。
カレーだから硬めが良かったなぁ。

でも、とにかくどこ行っても中高年だらけだから、
いくらカレーと言えども箱根で硬いライスは許されないんだろう。。。




ルソー展は、結構みごたえがありました。
ルソーの作品ばかりじゃなくて、
ゴーギャンやピカソの作品などもあり、
企画展の他に、
常設展もかなり充実していて、
事前に予定していた時間じゃ足りなかったくらいでした。

明るく、静かで、ほど良い緊張感のある美術館ですね。






更に観光施設めぐりバスに乗って、
星の王子さまミュージアムへ。
メルヘンチックな外観。
こぢんまりしているけど、とても素敵なミュージアムです。





レストランの看板からしてコレだもん。
星炒めちゃってるよ。
かわいすぎる。




まずは小さなガーデンから見て行きます。
春から夏はお花もたくさん咲いて、
もっと素敵だろうなぁ。




星の王子さまのお話にも出てくる、
バラがたくさん植えられていました。
初夏のバラの季節に来たらきっと綺麗ですね。




花壇の中をよく見ると、星の形の石が埋まってます。
芸がこまかい。





星の王子さまのスタチュー。
他にも王様やビジネスマンや地質学者などもありました。




この辺りで、一回室内に入って、展示品を見て廻ります。
最初にある映像作品を見てから廻ると良いと思います。
星の王子さまというお話自体を知らない人、
お話は知ってるけど作者については知らない人、
そう言う人が、お話と作者について興味を深める内容になっています。


展示は、
星の王子さまの世界というよりは、
主に作者、サンテグジュペリの生涯を追っていく形です。
(最後に星の王子さまの世界を体験できるお部屋もあります。)





展示室を出ると、その先はパリの小路。
かわいいお店が立ち並びます(入れません)。
カフェがあって、そこは入れますw



そのカフェと、紅葉。
施設のすぐ近くに大きな木がたくさん立っているので、
紅葉もきれいに見えました。



夕方まで粘って、
クリスマスイルミネーションも見ました。
大きなツリーが静かにそびえていて、
ここまでの展示内容などを噛みしめて見ると、
華やかというよりは、神聖な気持ちになります。


ミュージアムショップも、
すごくかわいかったですよぉ。
星の王子さまのキャラクターグッズはもちろん、
ガーデニング用品や植物、フランス雑貨など、
見ているだけで心が躍るようなグッズがたくさんありました。




見た目のメルヘンさや、イメージで、
「女子供のよろこびそうな可愛らしい施設」
と思われがちですし、
実際園内に入ったとたんに
「ギャーかーわーいーいー!!」
と叫ぶ女子も見受けられましたが、
決してそれだけの施設じゃないと思います。

キツネが言うとおり、
かんじんなものは目にみえない、のです。
見た目のかわいさだけじゃなくて、
物語の本質とか、作者の思いに触れることのできる、
素晴らしいミュージアムです。

箱根に行くときは是非、コースに組み込んでみてください。
わたしも、ここはまた行きたいなーと思います。




このあとホテルに戻った感じです。
翌日のことはまた次の記事にて。


- 旅行 - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*Comment.
*Comment form.









       
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。