Blanc-neige

Blanc-neige

http://emirunrun.blog32.fc2.com/

いいお薬をくださいな 楽しい夢が見れるやつ

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*メトロポリタン美術館展

2012/11/05*Mon*

先日、フェルメールの真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)を目玉にした、
マウリッツハイス美術館展が行われていた、
東京都美術館ですが、、
改装後ふたつめの企画展として、
現在メトロポリタン美術館展が開催中です。

みんなのうたでもおなじみの、
あの、メトロポリタンミュージアムですね。

火曜日の午後15時半頃、すいていると思われる時間帯に入りましたが、
そこそこ人が入っているなという印象。
全ての作品に常に2~3人は見ている人がいて、
音声ガイドの対象作品は人だかりが出来て見えづらい、という程度です。

土日は、並ぶほどではないと思いますが、
けっこう混雑しているかもしれません。





公式サイト
こちらの公式サイトでは、
オンラインギャラリーから展示品の一部を見ることができます。

どの展覧会でもそうですが、
先に公式サイトを読んでから行くと、
作品への理解がより深まります。

出展作品について詳しく調べて行くのが一番良いんですが。
まぁそれは時間もかかるので。。。






(お土産に買ったポストカードです。)
ルイス・コンフォート・ティファニーデザイン「ハイビスカスとオウムの窓」

ティファニー、あのティファニー社の、
オープンハートのあれの、ティファニーですね。

色つきのガラスで描かれた、花と鳥。
この窓から入る光はどんなにきれいだろうなぁ。




で、今回の出展作品数は133点と、ほどよいボリューム。
絵画だけでなく、彫刻や食器やタペストリーなど、
様々な作品があるので、飽きることなく見て回れると思います。

平日の混み具合なら1時間半くらい掛かるかなー。

ただ、わたしは出展リストにメモをとったり、
近くや遠くでじっくり見たい作品があったりしたので、
思ってたよりも時間がかかってしまいました。
作品を見るのに2時間ちょっと、ショップも見て2時間半くらい居ました。






オディロン・ルドン「中国の花瓶に行けられたブーケ」

ルドンの描く花の絵がほんとうに好きです。

細部までハッキリ描かれてはいないので、
夢のような気配がします。
でも良く見ると、花器は確かに中国風の絵付けがしてあるし、
花もポピーやマリーゴールド、インパチェンスなど、
実在する花であることがわかります。

キャプションの一部に、
「非現実的で宝石のような色彩の小片」
と書かれていましたが、まさにそのようだと思います。





今回は、年代ごとではなく、
作品の扱うモチーフごとに展示が分けられています。
自然、動物、草花、大地と空、水、そして写真作品と、
テーマごとにわかれているので、
あらゆる年代において、人々がたとえば自然を、たとえば動物を、
どのように捉え、どのような目で見てきたのかが、よくわかる構成になっています。

自然をテーマにした、第一章・二章では、
風景画と言っても、見えている風景をそのまま写すのではなく、
実在しない理想的で牧歌的な風景を描くことや、
自然の一部を擬人化して描くことも多く行われている、
ことを、知ることができます。






アルバート・ビアスタット「マーセド川、ヨセミテ渓谷」

壮大な風景画。
切り立った岩肌に柔らかく陽が当たり、
とても穏やかであたたかい雰囲気のある絵です。
細部までリアルに描かれていて、思わずみとれてしまう作品でした。



これらの他に印象に残ったのは、
レンブラントの「フローラ」ですね。

春と花と豊穣の女神を描いた作品で、
たっぷりとした柔らかな服をまとい、
明るい色のエプロンに摘み取った花を、
右手で持ち、差し出している場面なんですが、
その表情は決して明るいものではなく、
キャプションには、
彼女の表情と摘み取られた花(切り花)が、
若さや美や愛は長く続かないことを示しているのだと書いてありました。


他には、ドラクロワの「嵐の中で眠るキリスト」
小さめの絵で、船とそのごく近いところしか描かれていませんが、
船員たちの表情と、ほんの少し見える波から、
海が荒れ狂っている様子がひしひしと伝わってくる、
迫力のある絵でした。


あとは、最後に展示されていた、
ウィンスロー・ホーマー「月光、ウッドアイランド灯台」の、
月の光を受けた雲や海の表情が良かったです。
強烈な月明かりでした。





特設ショップは展示を見終わった最後にあります。
2階なので、チケットを持たない人は入れない場所です。

チケットを持たない人でも入れる、地下1階のミュージアムショップにも、
図録、クリアファイル、お菓子、ポストカードやマグネットなど、
関連商品が、全部ではないですが、置いてあります。


左上がクリアファイル。両面ゴッホ作品で、表が今回の目玉になっている糸杉、
裏側が写真に載せた「歩きはじめ」。これはミレーの作品の模写だそうです。

その下にあるのがフランソワ・ポンポンの「シロクマ」
を、モチーフにしたキャラクター(?)。
めっさかわゆい。

これはお菓子に巻いてあった紙で、
中身はイチゴ味の焼きチョコでした。
あのーカプリコの中身みたいな食感。
甘くてすごいイチゴくせぇです。

実物の「シロクマ」も、手足がぶわんと太く、真っ白でとてもかわいいですよ。


右側がフライヤーで、ゴッホの糸杉が使われています。
ゴッホの絵は、実物を見ると、やはりその筆跡に目を奪われますね。


中央にある水色の丸いのは、
実際にメトロポリタン美術館で使われている入館証だそうです。
平日の15時以降に入場した人にプレゼントされていたものです。
現在は行われていないみたいですか?ね?明日まで?かな?
16色もあるということでしたが、
配っているところではこの色、一色しかありませんでした。
他の色も見るだけ見たかったなー。


来年の1月4日まで、上野にある東京都美術館にて開催中です。
特に書いてないけど、地方巡回はナシかな?
なかなか良い作品が揃っています。オススメです。

- ミュージアム - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*Comment.
*Comment form.









       
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。