Blanc-neige

Blanc-neige

http://emirunrun.blog32.fc2.com/

いいお薬をくださいな 楽しい夢が見れるやつ

*スポンサーサイト

--/--/--*--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


- スポンサー広告 - Permalink - TOP ▲ -

*リヒテンシュタイン展

2012/12/18*Tue*

もうすぐ終わってしまいますが、
六本木にある国立新美術館で開催中の、
リヒテンシュタイン、華麗なる公爵家の秘宝展へ行ってきました。

公式HP


「ようこそ、わが宮殿へ」
というコピーがまたたまらないですね。


この展覧会のみどころは、
ルーベンス・ルームと、バロック・サロンです。

ルーベンス・ルームには、
ルーベンスの作品が10点も集められています。


ポスターやフライヤーなどに使われているこの絵も、
ルーベンス作品です。

小さい子供のあどけなさと、けれど利発そうな顔立ちと、
好奇心にあふれた表情が画面いっぱいにあふれている素敵な作品でした。

他にも大作や連作もあって、とても見ごたえがあります。




バロック・ルームは、
天井画や家具、彫刻、絵画などが、
実際の宮殿の中のように配置されていて、
おもしろい展示になっています。

近くで作品を見るだけでなく、
少し離れて、全体の配置を見る楽しみもありますね。

こちらは、普通の出展リストとは別に、
バロック・サロン専用のリストがあって、
作品の写真も載っているので、是非もちかえりましょう。



おみやげに買ったポストカード。


アンソニー・ヴァン・ダイクの「マリア・デ・タシスの肖像」

繊細なレース、ふわふわの羽、美しい宝石、上質なドレス、と、
どこをとっても素晴らしく、みとれるばかりです。



フリードリヒ・フォン・アメリングの
「マリー・フランツィスカ・リヒテンシュタイン候女2歳の肖像」

くるくる巻き毛と、ぷにぷにのほっぺ。
気持ちよく眠る寝顔と、優しい明かり。
思わず触りたくなるような愛らしい絵です。



フランチェスコ・アイエツの「復讐の誓い」

右の花柄のドレスの女性が、手に文書を持ち何かを告げると、
左の深緑のドレスの女性が、仮面をはずし、強い怒りと憎しみを宿す、
まさに復讐を誓った瞬間の絵です。
女性の表情だけで全てがあらわされている、静かだけど迫力のある作品です。



フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラーの
「磁器の花瓶の花、燭台、銀器」

まるで写真のように、鮮やかでくっきりと、
細かいところまで緻密に描かれた絵ですが、
見ていて疲れるような感じはありません。
背景の黒とのコントラストで、かなり強い印象を受ける絵です。



ポストカードは、二種類あって、
ひとつはこの展覧会のグッズとして作られたもの、
もうひとつは、ウィーンのほうからかな?輸入されたもの、で、
お値段も105円と157円で差がついてます。
やはり比べるて見ると、輸入されたもののほうが質が良いです。

あとは一般的なクリアファイルや一筆箋、ポストイット等の文具類が多いですね。
香水やアクセサリーなどのコラボ物、だとか、
外国のお菓子なんかも豊富に揃っていて、ショップを見るのも楽しかったですよ。



きらびやかで華やかな、絵画や彫刻が好きな方は是非。
おすすめです。



東京展は12月23日まで。
そのあとは、高知、京都へ巡回します。
出展作品が、東京展とは少し違うみたいなので、
公式HPで確認してみてください。


- ミュージアム - Permalink - Comment:0 - TOP ▲ -

*Comment.
*Comment form.









       
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。